リンクサイト

サブメニュー

キャッシング審査は何を見ているのか

キャッシングをするときに必要な審査ですが、審査のやり方については各社違いがありますし、実際に口出しをできる部分ではないので金融会社におまかせするしかありません。では審査の時に、こちらから出す資料や情報はどんなものがあるのでしょうか。その疑問を解決します。

まずネットでも郵送でも窓口でも必要な資料は同じだということを念頭においてください。要は提出方法の違いだけです。まずは基本的な情報、住所、氏名、年齢などが必要です。これは何もキャッシングだけではなく、レンタルショップや通販でも聞かれる項目なので問題ないでしょう。

次がキャッシングならではの項目になります。家を持っているか(持ち家か、賃貸か、誰の名義か)です。持ち家でも親の名義であれば自分のものではありませんので、そのようにきちんと申告しましょう。そしてもう一つは勤務先と、勤務年数です。

金融会社はその人の勤務している会社の規模と、勤務年数でだいたいの年収をはじき出します。実際に収入を示す源泉や課税証明書が必要なのはここで何か問題があった場合です。普通のキャッシングでは最初からそこまでは要求されません。審査に必要なものは基本的にはこのくらいです。

持ち家がなく、会社に勤めていないという場合は家族の収入や預金などもう少し聞かれるかもしれませんが、最初からそこまで用意する必要はありません。

ネットから気軽に契約できる借り入れサービス

ある程度年を取った方がお金を借りるときは大変です。金融機関からの借入れには年齢制限があるので、それに引っかかるとほとんどの所が貸してくれなくなります。その条件は大体70歳が上限になっていて、この歳を超えてしまった場合は貸してくれないです。

シニアの方がお金を借りるときは銀行で借りたほうがいいのですが、条件が厳しいならば消費者金融で借りる手もあります。この金融機関は総量規制の対象に入っているので、年金生活の方にはあまり貸してくれません。

総量規制とは収入に比例してお金を貸す制度で、年金生活の場合はかなり条件が厳しくなります。なぜなら年金は借金の取り立て対象にならないので、年金収入では借り入れが難しいからです。貸す側としてもお金を返してもらう事が出来ないのでは、貸出がしづらいですから年金生活の人へはあまり貸してくれないです。

ただ年金以外の収入があれば問題はないので、パートなどをして他の収入があると証明できればすぐに貸してくれます。シニアの方が借りるのに向いている消費者金融は、条件が厳しいですが年金収入でも貸してくれる所を探すといいです。

もしそれでは難しいならば何らかの他の収入を作って、それを元に申請すれば借りる事ができます。